【NIPPY公式】家庭用革漉き機をお探しの方必見!スカイミニお問い合わせ事例集~ご検討者様編~

ニッピ機械の圓井です!

2月14・15日にスカイミニセミナーを開催させていただき、多くの方にご参加

いただきました。

ご購入者様またご検討者様から普段お使いになるときの疑問や

使い方に関するご質問にお答えさせていただきました。

今回はセミナーでいただきましたご質問やお電話でいただくお問い合わせ内容を

ご検討者様編・ご購入者様編に分けてご紹介させていただきます!

 

~ご検討者様からのよくあるご質問~

Q.スカイミニってどんな革でも漉ける?

☑スカイミニで漉けるのは厚み2.5mm以下の革になり、基本的には漉ける革がほとんどです。

ですが中には漉きにくい革やスカイミニでは不得意な革もあります。

漉きにくい革は柔らかい革または薄い革が漉きにくい革にあたります。

柔らかい革を漉くには厚みの調節がヌメ革などのしっかりした革よりも難しくなっています。

 

柔らかい革の漉き方に関してはこちらのブログをご覧ください。

【NIPPY公式】漉き作業、柔らかい革の漉き方

 

次に不得意な革についてですが、床面が起毛している革が不得意な革になります。

ではどういった革が難しいかといいますと写真のように薄く、そして裏が起毛した革が一番難しくなっています。

1mm程の革になりますがスカイミニで漉けるのは白い肉の部分になります。

厚みがあるように見えるのは毛で見えているだけになりますので、スカイミニでは起毛部分の漉き作業は出来ませんので実際に刃が入るのは写真の赤い矢印部分の白い革のところになります。

 


Q.自分の漉きたい革が本当に漉けるか心配・・・

☑スカイミニをご検討いただく上自分の漉きたい革が本当にできるかどうかわからない・・・

その不安はよくわかります。

そんなお悩みをお持ちの時は、弊社にお問い合わせいただければ漉きたい革をご送付いただき、スカイミニで漉きサンプルの作成させていただいております。

また事前にご連絡いただければ弊社にてスカイミニを使って漉きの体験や使い方のご説明をさせていただいております。

※所在地:兵庫県加西市下宮木町767-1

 


Q.替刃式になっているがどのくらい持つ?

 

 

☑替刃はサドルレザーで約12m分の漉き作業が可能です。

※革質によって漉ける距離が変わってきます

刃は両刃式になっておりますので10~20mm幅の漉きをよくされる場合は刃を裏返していただければ、

奥の刃先が手前に出てきますので2倍長くお使いいただけます。

 


Q.どんな漉き方ができる?

漉き作業の種類は大きく分けて

・段漉き(コバ漉き)             

 

 

・斜め漉き

 

 

・溝漉き

 

 

・中漉き

 

 

・ベタ漉き

 

の計5種類になります。

この中でスカイミニで行える漉きは段漉き・斜め漉き・ベタ漉きの3種類の漉きになります。

※ベタ漉きは40mmまで

 


Q.保証期間は?

☑メーカー保証期間は1年間となっております。

 


Q.消耗品を教えてほしい!

☑スカイミニの消耗品は3種類になります。

1つ目は替え刃になります。

替刃は5枚セットからの販売をさせていただいております。

最初のご購入時にはスカイミニ本体にセットしてあります1枚、

そして付属品のなかに5枚、計6枚お付けしております。

・替刃(5枚セット)税別3,200円


2つ目は送りローラーになります。

送りローラーとは刃に革を送り出すローラーの部分になります。

長年お使いいただきローラーが消耗してきたり刃にローラーが当たり切れてしまうことがありますのでその時に交換していただく部品になります。

 

・送りローラー税別6,920円

 

 

 

 

 

 

 

 

交換手順の動画もご用意しておりますのでこちらをご覧いただきながら交換することが出来ます。

 


そして3つ目は高級刃になります。

高級刃は通常の替刃より、スカイミニでは漉きずらい柔らかい革や薄い革をさらに薄くすることができる刃になっています。

耐久性も通常の替刃の4倍以上になり非常に長持ちする刃になります。

また高級刃はスカイミニの刃で唯一研磨することが可能な刃になっております。

通常の替刃では漉きづらい革を作業される場合に高級刃に付け替えていただきますと替刃・高級刃ともに長くお使いいただくことも可能になります。

・高級刃 税別8,500円

・再研磨 税別6,300円

 

詳しくはこちら!

【NIPPY公式】初めての漉き作業!最適なスカイミニ刃は標準刃、それとも高級刃?

 


 

Q.ではどういった場合にローラーを削ってしまうのか

 

☑ローラーを削ってします原因は主に送りローラーの調節位置にあっていない場所で革を漉いてしまうからです。

例えば1.5mmほどの革を漉いた調節のまま2.5~3.0mmほどの革を漉いたとするとローラーが刃にあたってしまう可能性が高くなります。

 

その原因は?

☑ではなぜ削れてしまうのかといいますと、上図のローラーと押え金の間が1.5mmの革を圧縮して通る幅しか開いていないのに、そこに同じ調節のまま厚い革を入れてしまいますと押え金は動かずに送りローラーが下に下がり革を送ろうとします。

ローラーはバネで送る革によって上下に調節する仕組みになっておりますので、無理な調節のまま革を入れてしまうとバネの跳ね返りで刃がローラーにあたってしまい、ローラーが削れる原因になります。

じゃあストッパーの役割は?

ストッパーの役割はローラーの上下位置を調節する調節ねじを動かして調節される際にローラーを上にあげすぎないように止める役割を持ったものになります。

ストッパーは手動でローラーの調節をされる際に刃にあたらないように補助するためのものになります。


その他わからないことがございましたらお気軽にお問い合わせください!

この記事はお客様からの疑問を随時更新して参ります。

 

レザークラフト用革漉き機スカイミニの詳細情報は ↓クリック

【NIPPY公式】家庭用漉き機をお探しの方必見!スカイミニお問い合わせ事例集~ご購入者様編~

革漉き機購入で後悔したくない!プロが教える、革漉き機の選び方(初級)

革漉機の状態は音で分かる

レザークラフト初心者必見。革漉き作業って必要ですよ

レザークラフト、レベルアップ(革漉き編)

NIPPY製品ラインナップの紹介

スカイミニ 硬い革軟らかい革の斜め漉き作業

スカイミニ刃の取替え動画

スカイミニ動画 斜め漉きの調整動画

スカイミニ フットペダルの使い方

スカイミニ 押え金ハンドル

コメントを残す