今日から出来る革漉き作業  

こんにちは、青田でございます。

G/W当社も10連休と、しっかりお休みを頂きまして、
休み中は家族で南の島に家族旅行に、食べて、飲んで、泳いでを繰り返し、満喫しすぎて、体調を崩して、連休後半は寝込んでおりました。
何事もホドホドが一番と、嫁から怒られております。

昨日は、レザークラフト体験、“マーブリング”に初挑戦しました。
革の上に、自分の気に入ったデザインを表現する。上手く行かなかったですが、あれこれ考える事が、面白かったですね。

 

 

 

 

 

 

 

令和もどんどんスカイミニを中心に当社についてご紹介致しますので、
宜しくお願い致します。

 

今回はスカイミニで漉き加工するとカスはどうなるのと良くご質問を頂きます。手漉きの場合、漉きカスは細切れになったカスとして散々しますが、革漉き機やスカイミニで漉き加工すると、漉き加工用BOXに漉いたカスの原型が比較的そのまま(革の種類によります)、搬入されます。


このメリットは
①ゴミが散らばらないので、掃除が簡単
②漉いた面が綺麗な証拠 
 刃がシャープな切れ味だからこそ、綺麗な面で漉きあがります。

漉いた表面がガタガタだと、接着剤を付けたり、折り曲げた際に、その凹凸が表面に出てきますよ。
漉き作業はレザークラフトや革細工作業にとっても非常に大切な工程ですから、後工程がしやすい漉き作業をぜひ、このスカイミニで試してください。
貴方も手軽に漉き作業が簡単に出来ますよ。

 

世界一小さな皮漉機スカイミニ情報は↓

http://www.nippy.jp/skimini/

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す