【NIPPY公式】漉き作業、柔らかい革の漉き方

財布、鞄を製作する中で、柔らかい革、硬い革、色々ありますね。

ヘリ返し部の漉き加工は革質に関係なく漉き作業をすると思いますが、

どんな革が漉きにくいの?

何故漉き難いの?

スカイミニでの漉き方は如何すればいいの?

ご紹介したいと思います。

 


漉き難い革ってどんな革

特に漉き難いのは柔らかい革”です。

良く鞣されたクロム革や鹿革などは特に漉き難いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


何故、漉き難いのか

柔らかい毛や繊維を切る為には、刃物は鋭利でないと切れません。

もし刃物が鋭利でないと刃先から切りたい部分が逃げてしまうので、切る事が出来ないんです。


スカイミニで柔らかい革の漉き方

柔らかい革を漉きたい場合に大切な事

柔らかい革の漉き方動画をまずは見てください。

 

 

 .刃物は鋭利な状態か

 硬い革や柔らかい革などの、様々な革を漉いていると刃は目に見えない状態ですが、ダメージを受けています。その為、刃物を新品の状態にすることをお勧めします。また“柔らかい専用”
として1枚刃物を置いておかれてもいいですね。

 .革をたるませない、常にテンションを掛ける

材料を最初から漉く事は薄く漉けてしまうので、失敗するケースが多いので、
最初から数センチ右手で持てるぐらい革を押え金から右に出してください。
右手と左手で革をきっちりつかんで、テンションを掛けた状態でペダルで少しずつ、
漉いてみてください。テンションを緩めると革に穴が開きます。

 ☑.押え金の高さ調整を少しずつ行う

押え金の高さを調整の微調整の感覚が分からないとお聞きする事があります。
厚み調整ネジは1周回すと1mm上下します。その為、厚みを厚いところから少しずつ、薄く調整してくだい。

 .送りペダルは絶対必要

オプションになっている送りペダルは、この様な柔らかい革を漉くときには必ず必要です。
私達は“ちょんちょん漉き”と呼んでいますが、少しずつ、手が遅れない様に、テンションを掛け
ながら漉くときには“ちょんちょん漉き”が出来るフットペダルが必ず必要です。


さらにワンポイント情報

薄くて柔らかい革のコバ漉きは最も難易度が高い!
まだスカイミニに慣れていない方は少し厚めの革から漉き加工をして慣れてください。


こちらにも柔らかい革の漉き方やそのほかスカイミニについてよくあるご質問をまとめていますので合わせてご覧ください。

【NIPPY公式】家庭用革漉き機をお探しの方必見!スカイミニお問い合わせ事例集~ご購入者様編~

【NIPPY公式】家庭用革漉き機をお探しの方必見!スカイミニお問い合わせ事例集~ご検討者様編~


レザークラフト用革漉き機スカイミニの詳細情報は ↓クリック

バックナンバー

革漉き機購入で後悔したくない!プロが教える、革漉き機の選び方(初級)

革漉機の状態は音で分かる

レザークラフト初心者必見。革漉き作業って必要ですよ

レザークラフト、レベルアップ(革漉き編)

NIPPY製品ラインナップの紹介

スカイミニ 硬い革軟らかい革の斜め漉き作業

スカイミニ刃の取替え動画

スカイミニ動画 斜め漉きの調整動画

スカイミニ フットペダルの使い方

スカイミニ 押え金ハンドル

 

 

 

 

 

コメントを残す