【ミクロン精度の精密スライス技術】電子材料用軟質発泡体、ゴム

こんにちは、軟質素材スライス加工機械メーカーの株式会社ニッピ機械の青田です。

当社は兵庫県加西市で72年間、電子材料や車両用の“高機能軟質素材”を高精度スライスする技術を培ってきました。

 

OnlyOne技術のミクロン精度で加工出来る精密バンドスライサー(薄く切る)をご紹介します

 

厚みを薄くしたい】加工技術でお困りではないですか?

 

電子機器(デバイス部品)の高い伝導率、伝達率の薄い発泡シートを作りたい

緩衝材、パッキン、シール材として薄いスライスした発泡体を作りたい

LCD、携帯、カメラ、スピーカー等の電子材料のシール、防塵、ガスケット用途で薄い発泡シートを作りたい

光ファイバー部品の薄いスライスゴムシートを作りたい

☑薄くて高熱伝導率、柔軟性ある薄い層のグラファイトシートを作りたい

半導体用濾過フィルターシート材の表皮を薄くスライスしたい

電池の狭いスペースにクッション、衝撃吸収力ある薄い絶縁シートを作りたい

発泡体、スポンジメーカーの材料を精密で高精度に薄くスライス加工したい

屋根用断熱材用にスライスして発泡シートを作りたい

 

 

 私達はこの様なお客様のお悩みを解決してきました。

 

 

 

 

 


 

ニッピ機械の薄皮精密スライス加工技術

柔らかい軟質素材を 

  ・ 厚み0.1㎜にスライス加工

  ・ 高精度±0.05㎜のスライス加工

  ・ 1㎜材料から0.3㎜単位でスライス加工

  ・ 薄い材料0.6㎜から更に薄くする加工

  ・ 長尺材料を連続(ロールToロール)で薄くスライス加工

  ・ 省スペース、コンパクトな機械で精密スライスを簡単に行える

  ・ 国内生産で短納期、特注対応の機械製作

  ・ 材料開発時の受託加工も可能

※材料や元厚みによりスライス精度は異なります。

私達にこの様なお悩み、当社のスライス機での加工にお任せください。

 

 

 


【スライス加工実績】

 軟質素材とは、言葉の通り、やわらかい素材を指します。

 従来私達が主に加工してきた革材料をはじめ、ゴム、スポンジ(発泡体)、樹脂、不織布、フェルト、ゼラチン等の硬度50度以下の材質になります。

 私達はお客様の材料をスライスる事で、「透過性、緩衝性、絶縁性、遮断性、シール性、衝撃性」のある高機能材料をご提供しています。

 

ゴム       :ウレタンゴム(エーテル系、ポリウレタン系)フッ素ゴム(FPM)、ニトリルゴム、

          ゴムスポンジ、パッキンゴム シリコンゴム(Sir)、フッ素樹脂(PTFE)、

          エチレン系樹脂(EPDM)

スポンジ、発泡体 :ゴムスポンジ、ウレタンフォーム、ポリウレタンスポンジ、クロロプレンスポンジ、

          フッ素ゴムスポンジ、シリコンスポンジ、ニトリルゴムスポンジ、エチレンスポンジ

不織布、フェルト :羊毛フェルト、バフフェルト

その他      :ゼラチン、繊維、生地、革、絨毯、カーペット、スルメ、黒鉛(グラファイト)シート、

          TPOシート、熱伝導シート、熱対策シート(放熱シート)

 

 

 


【スライス機(バンドナイフスライサー)について】

軟質素材スライス機(バンドナイフスライサー)

 

高機能発泡体やウレタンスポンジ、不織布、ゼラチン、ゴム、発泡体等の軟素材を元厚みの材料から任意の厚みに順にスライスする加工機の事です。

ダイヤモンドカッター、ワイヤー加工、レーザー加工とは違い、バンドナイフという刃物で材料を搬入後、数秒で物理的にスライス出来ます。

主にはタイヤ、電線用のダンベル試験用、建材、電子材料、化学メーカー、液晶パネル、工業用スポンジ各種加工用途で使用され、

軟らかい難素材を高精度でスライス加工する機械です。

発泡体、ウレタンスポンジ、不織布を薄くする加工バンドナイフスライサー

 

発泡体、ウレタンスポンジ、不織布高精密バンドナイフスライサー構造

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


【どんな加工が出来るの?】

・厚みを分割する事が出来る             ・薄皮だけを除去したい

 

・長尺物連続的に加工したい           ・表面が平滑ではないモノをスライスしたい

 

 

 

 

 


【軟質素材のスライス加工精度は?】

スライス加工後の厚み: 0.1mm~30mm

スライス精度は   : ±50μm

材料によりスライス精度は異なります。成型品や押し出し品の場合、ミクロン精度のスライスをご要望される場合、

元厚がバラつきがあるとミクロン単位でスライスしても安定的にスライスすることが出来ません。

その場合は当社から最適な加工方法をご提案させて頂いております。

※材料により精度は異なります

発泡体0.1mmにスライス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


【スライス加工方法は?】

構造は至ってシンプルです。上下ローラーで材料を送りながら、バンドナイフで材料をスライスします。
私達は長年のノウハウで材料に合った最適な機械条件で、スライス加工を行います。

加工手順
①機械をセッティング (材質、厚み、スライス要求精度に応じてセッティング)

②材料投入

③スライス加工    (材料長さによりますが、数秒で加工)

③材料搬出

 

一度機械を設定すれば、②から③の工程は数秒でスライス加工出来ます

厚み設定はデジタル設定の為、目視での微調整や過去に設定したデーターの呼び出しや再現性に優れています。

その為、一度設定すればどなたでも簡単にスライスすることが出来ます。

 

 

スライサー材料投入
スライス加工 発泡体加工中

 

 

 

 

 

 

 

 

スライス加工 終了

スライス材料をピッキング

 

スライス厚みは20mm→0.9mm

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


【ニッピ機械の高精度バンドナイフスライサーの特徴】

 

私達のオリジナル技術はやわらかい材料を【高精度、高精密】【薄い材料を更に薄くする加工】【連続的に】【短時間で】

薄化加工が出来ます。

 

 軟質素材を高精度スライス加工

硬度計で測定できない物まで高精度で加工する事が出来ます。

 

② “薄い材料を更に薄く”する事が出来る

当社OnlyOne技術として、発泡体270μm→100μmにスライス加工
特に私達が持つ、固有の技術は“薄い物を更に薄くスライス”する技術です。
刃物で切りますので、一度セッティングすれば、この加工は数秒で出来てしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

調整、メンテナンスが簡単

機械は材料に合った機械のセッティングが大切です。当社の設備はその部分に特化し、
熟練を要さず、どなたでも簡単に機械調整し、また再現性あるデジタル調整機構がついた機械になっています。
慣れれば刃の交換は一人で1時間で作業できます。

スライサー加工機タッチパネル

 

 

 

 

 

 

 

 

④短納期、カスタマイズ対応

お客様事の“スライス仕様、安全面、その他ご要望”に合わせて、自社設計(機械設計、電気設計)、自社製作(機械加工、組立、塗装)

ワンストップの一貫生産体制なので、お客様の納期やご要望に迅速に対応出来ます。

 

⑤迅速なメンテナンス体制

大手様との取引が多いので、メンテナンス部署がお客様のメンテナンスご要望に合わせて迅速に出張対応致します。消耗部品や交換部品の標準部品は随時在庫を持っておりますので、「すぐに部品を交換して、修理をしてほしい」というご要望にも対応可能です。

 

⑥お客様の開発品、量産立ち上げ品前の立上げ支援

当社にお問合せがもっとも多いお客様の部署は「開発部」の方が最もお問合せが多いです。

「こんな材料を新規開発中で、用途は言えないが、スライス出来るかな?」

からサンプル製作のご依頼を頂きます。私達はスライス加工機の製造メーカーで、
様々なお客様のお困りごとを設備からカスタマイズし、喜んで頂いた多くの実績を
持っております。
当社にお問合せ→材料開発→機械納品までしっかりとサポートさせて頂きます。

 

 


【ミクロン精度のスライス加工】

名刺をスライス実験をを行ってみました。一般的な名刺の厚みは200μm~300μmです。
これを名刺200μm→100μmにスライスする出来るのか?

通常当社の技術では、材料元厚が1mmあれば100μmにスライスする技術は実証済みです。
しかし、“薄い物から更に薄くする技術” 材料元厚が200μmになると刃物が
その200μmの間に刃物が入らないと切れない事になります、
という事は刃先は200μm以下の刃先状態、更に機械上の誤差でないとこれは実現する事は出来ません。

 

 

 

その為、刃先を出来るだけ鋭利に研ぎ、より細くしております。但し、刃先を細くするデメリットは、

刃先を細くすればするほど、刃が直ぐに切れなくなるという事です。

また更に連続投入しミクロン精度のスライスする事も可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


【どの様に依頼すればいいの】

この説明だけでは、お客様の材料が実際にスライス出来るか分からないでよね。
「薄くしたいしたい材料あるけど、こんな材質でも出来るのかな?」って思って頂いている方、
是非当社にお問合せ下さい。

・お客様のニーズ調査を目的にしたサンプル依頼
・製品開発の為のサンプル依頼
・新材料開発の為のサンプル依頼

1回目のサンプル依頼は無償製作を行います。

 

もし、もっとサンプル製作を行いたい場合は、有償でサンプル対応致します。

スライス加工の受託加工も承っています!

 

 

 


【ニッピ機械はあなたのお悩みを解決します】

私達はお客様のご要望を実現出来るまでとことんお付き合いします

私達はスライス機械のメーカーで、様々なお客様からの加工要望を実現させてきました。
 高精度なスライス、粘性の高い材料のスライス、ミクロン厚みのスライス、その数数百のサンプル品を提供し、
多くの失敗をし、
試行錯誤の中で実現させるすべを見出してきました。その経験の蓄積により、
現在ではお客様からのご要望に対し、高い確率でご期待に添えた品を提供することが出来ております。

 

私達はメンテナンスは国内、海外でも迅速に対応します

当社は決して大きな企業ではありませんが、スライサーを取り扱える技術スタッフは複数人います。
その為、迅速な修理や海外で英語での機械修理対応することも可能です。

 

 

最後まで読んで頂きまして有難うございます。

さらにご興味がある方はまずは、当社にお問合せフォームからお問合せください。

 

 

 

お問合せ頂いたお客様には、軟素材スライサー技術資料進呈しております!

 

 

 

 


バックナンバー

【ミクロン精度の加工事例】半導体用フッ素ゴムに精密スライス加工

【ミクロン精度の加工事例】発泡体付きTPOシートのスライス加工

【ミクロン精度の加工事例】研磨材用羊毛バフフェルトを精密漉き加工

電子材料の緩衝材|軟質発泡ウレタンフォームを0.3㎜に精密スライス加工

【ミクロン精度の加工事例】未加硫ゴムのスライス

【ミクロン精度の加工事例】名刺を100μmの薄さに高精密スライス

【ミクロン精度のスライス加工事例】葉っぱ200μmを究極の薄さに加工

【ミクロン精度のスライス加工事例】キッチンペーパーを0.1㎜に精密スライス加工

 

コメントを残す